お問合せお役立ち情報
かみ合わせを重視する/武蔵野市の松山歯科医院

特殊人工歯の(総)義歯

奥歯を失い義歯になると、咬む部分の歯は、普通プラスチックかポ-セレン(せともの)で代替品とします。これを人工歯といいます。

顎の関節の中心に合わせて精密に,咬み合わせを,このような人工歯で再現しても、プラスチック(レジン歯)は柔らかく,すぐに磨り減って平らになります、

またポ-セレン(陶歯)は欠けやすくそのうえ、ざらざらしていますから(瀬戸物の割れ口を想像してください)、 矢張り磨り減ります。そうすると咬み合わせの高さも失われ、平らな人工歯では、良く咬めなくなります。

実際に多くみかけます(水平的なかみあわせがいいかげんなものですむという理由のほうがおおきいのですが)。 そこで、咬み合わせの安定性の上からも、下の人工歯を臼、上の人工歯を杵に見立てたような、単純な形をした人工歯の咬み合わせの様式が考慮されるようになりました。

リンガライズドオクル-ジョンと言います。そのうえ人工歯を金属でつくり(磨り減らない)、個人の顎の運動にあわせて臼(下の人工歯)の内面を調整し、上の人工歯(杵)がチョッパ-に似た物をブレ-ドテイ-スといい 、これを使うと安定性が増し、よく咬めるようになります。

勿論、総義歯としての多くの必要条件を満たしていなければなりません。 とくに顎の関節の中心とかみあわせがぴったり一致したものでなければなりません。

 

 

前から見て奥歯の金属には、
まず気がつきません。

 

お気軽にお電話ください。

診療時間:月火水金土9:30~13:00 14:00~18:00
※木曜日、土曜日午後は休診
休診日:日、祝祭日