お問合せお役立ち情報
かみ合わせを重視する/武蔵野市の松山歯科医院

咬合挙上(低いかみ合わせの治療法)

松山歯科医院で咬み合わせ治療をする人に、差し上げて読んでもらうパンフレットです。

咬合挙上について

咬合挙上は低くなったかみ合わせを、もとの高さに戻すことで、 必要以上に高くするわけではありません。それでも咬合挙上を行うと、人によっ て反応はまったく違います。何事もなかったようにすぐ慣れる人、非常 に違和感が強い人(あくまでも一時的ですが、治療途中でやめたくなる人もいるくらいです), 咬み合わせが低いためにおきていた症状が、嘘のように楽になって大変喜んでくれる人など(殆どそうですが)いろいろです。

長い間、低い 咬み合わせに慣れていると言うことは、ものを食べる時の顎の動き、話し方、口に関係する癖 顎の傾きから姿勢まで、大変多くのことが影響を受けています。それを一時に少しずつとは言え、 もとに戻そうとするわけですから、 少なからず、パニック状態になる人もいる位です。

大体において体が丈夫で楽天 的な人・若い人は慣れやすく,体がきゃしゃで神経質な人・年輩の人は慣れにく いです。また反対咬合の傾向のある人、下顎(舌)を前に出す癖のある人は 慣れにくく、 またはもとに戻りにくいといえます。

咬合拳上を行うと次の様な事が一時的に起きます。食べる時、 話をする時にそこだけがカチ カチぶつかる。片側だけ咬合拳上をすると反対側の歯が咬み合わず 、不安定に感じる上に食べる事ができない(最終的にはもどります )。

かみしめる癖のある人はかみ合う歯をグラグラ にしてしまう。顎が疲れ、頭痛が起きたり、目眩がする。唾 液が多くなり、肩凝りが一時的にでたりします。この様な症状 のため前もって 知らされていても不安になり治療を やめたくなります。

しかしこの咬合拳上は、下顎の位置をととのえる、整形外科的な歯の治療の一分野なのですから(保険治療にはこの概念はありません)、 正しい咬み合わせを取り戻すためと思い、頑張ってください。

咬合拳上の方法は次の通りです。

歯の詰め物が低い時は、プラスチックを高めにつめて慣れてから本物の金属などに替えるか、 それほど低くなければすぐに高くしてしまいます。冠の場合もプラスチックか, 薄いステンレスの仮歯を高めにつけ、慣れてから本物に替えるか、いきなり高く作ります。

ブリッジも同じです。いづれの場合も今までの経験により、それぞれのケースで高くする(元の高さにする)量と回数、治療期間などは慎重に決めています。

ずいぶんと乱暴な様ですがあらゆる面を考慮して実施していますので心配しないでください。
冠とブリッジの場合は仮着しますので、いつでも元に戻すことができます。歯の無い場合は仮義歯でだんだん高くします(実際はむずかしい)。歯が傾いたりして、低くなっている場合は矯正で治します。

再度ですが

ケースにより方法、高くする量、少しずつ高くする時はその期間、歯の順番(大体奥歯から)、様子を見る期間などは異なりますが、その都度お知らせしたり、説明していますのでご安心ください。

お気軽にお電話ください。

診療時間:月火水金土9:30~13:00 14:00~18:00
※木曜日、土曜日午後は休診
休診日:日、祝祭日