お問合せお役立ち情報
かみ合わせを重視する/武蔵野市の松山歯科医院

定期健診

松山歯科医院は30年前から定期検診を診療に取り入れています。

虫歯は詰めたり被せたりすれば、一応“なおり“ます。 しかしながら口腔に関する病気はたくさんあって、そのときだけでは治癒するとは限らないし、 再発することもあるからです。 たとえば虫歯が原因で歯の根の先が化膿した場合、根管治療というものを行うのですが、完全に治癒したとはなかなか断定できません。

三カ月、半年、一年、三年と様子を見なければなりません。
最善を尽くしても 、治り切れない原因が歯にあるからです。だから責任は持てないよというわけではありません。

いろいろと様子を見なければならない病気とその他の状況が沢山あるということです。

過去を推測して、将来の予測をたてながら、現在の病気(状況)の診断と治療を行うのですから、 全くその反対なのです。

ようすを見る例として、乳歯が早く抜けてしまったが、次の永久歯のかみ合わせが大丈夫だろうか、 虫歯になりかかっているが何とか削らないですませられないか、 かみ合わせの治療をして顎関節の症状もよくなったが再発傾向はないだろうか、糖尿病になり歯周病の傾向は起きないだろうか、義歯を適切に使っているだろうか、 かみしめる癖が再発してないか等、数え上げたらきりがありません。

医学用語に“予後“というものがあるくらいです。

定期健診が虫歯と歯周病だけのチェック?

ある検索エンジンで“歯科医院” を定期検診とあわせて検索すると総数は二十分の一になりました。

ほとんどが虫歯と歯周病のチェックになっています。この二つしかないのでしょうか、 不思議な気がします。

歯科の二大疾患は虫歯と歯周病ですからそうなるのでしょうか?。

医科同様定期検診は、歯科でも当然必要なことではあるのです。 EBMという言葉をご存じですか。最近新聞等で目にすると思います。Evidence-Based Medicine「科学的証拠に基づく(誠実で思慮深い)医療」を行おうという事ですが、当歯科医院にとっては、何も目新しいことではありません。

 

以上、過去を推測し、現在を診断しどう治療しようか、将来どうなるかを患者さんに知らせ、ご自分である程度判断してもらい、相談しなければ治療は進めらないものです。治療に当たってよく説明、相談するようにしています。

お気軽にお電話ください。

診療時間:月火水金土9:30~13:00 14:00~18:00
※木曜日、土曜日午後は休診
休診日:日、祝祭日